成功ノウハウ

手間をかけずに貸会議室で利益を出す!コロナでも大丈夫!

  1. HOME >
  2. 成功ノウハウ >

手間をかけずに貸会議室で利益を出す!コロナでも大丈夫!

『貸会議室は机と椅子があれば始められる!?』

貸会議室は、スペース、机、椅子、これだけあればとりあえず始められると思っている方もいらっしゃるかもしれません。ところが実際には、どうしても必要な備品、誰かがしなくてはならない業務が実にたくさんあるのです。

貸会議室ビジネスのスタートから順を追ってご説明しますと
1.市場調査
2.運営スタイルの選定
・無人か有人か
・セキュリティー対策をどうするか、監視カメラは設置するか
・鍵の種類(電子キー、Bluetoothなど)
・備品の内容やデザイン
3.集客方法
・ネット系(SEO対策、リスティング、ポータルサイトへの掲載)
・アナログ系(看板、チラシ)
・予約システム(ネット、コールセンター)
・営業(法人営業)
4.運営
・設営(机の並べ方、必要な備品)
・清掃
・設営、清掃の管理システム
5.料金の授受
・請求、クレジット、電子決済など

おおまかに見てもこれだけの業務が必要になってきます。

『会議室コンシェルジュ ナチュラックの運用代行プランを利用すれば、集客も受付もクレーム対応まで万全です』

貸会議室を運営するにあたり、これだけことをのオーナー様だけですべてを行うのはなかなか大変なことですが、そういった場合には私たちに業務委託していただくこともできます。会議室コンシェルジュ「ナチュラック」ブランドで運営している会議室ではその業務のすべてを代行しております。

私たちは集客、ご予約受付、設営・清掃、料金の回収、クレーム対応まですべて行うことができますので、初めての方でも安心です。また本業のビジネスとは別に、いま空いているスペースをすぐ活用したいとお考えの会社様の場合でも、運営を委託すれば手間をかけずにスタートできます。

『アドバイザー料金、コンサルティング料金はいただきません!』

私たちはこれから貸会議室を始める方へのアドバイスやプランニングについての料金は一切いただいておりません。なぜかというと私たちは、オーナー様、貸会議室をご利用のお客様、私たちの三方がみんなハッピーになれるビジネスモデルを理想としているからです。

貸会議室ビジネスをお考えのオーナー様にとって、ご自身の物件が本当に貸会議室として収益が見込めるのかわからない段階でアドバイザー料金を支払うのはご負担に思われるでしょう。実際に貸会議室を始めても利益が上がらなければ、もちろんハッピーにはなれません。

私たちは貸会議室ビジネスを始たい方のご相談を無料で受付けております。その物件がどうしたら売れる会議室になるのかアドバイスさせていただき、運営のお手伝いをさせていただく、その後売り上げが出たら、その中から歩合で料金をいただくシステムとしております。極端なことを言えば、貸会議室としてどうしても難しい、売れそうにない物件に関しては、ご相談の段階でそのことを正直に申し上げることもあるのです。

オーナー様、投資家様の立場にたって誠実に対応することを心がけ、お客様にとってご利用しやすい良い会議室をともに作っていく、こうして出た収益の一部を私たちがいただくことで、三方がハッピーなビジネスモデルになると考えております。

『運営代行にかかる費用はどのくらい?』

運営代行の費用と言いましても、私たちは広告費やポータルサイトへの掲載料、登録料などはいただいておりませんので、皆さまの会場が掲載される時点まで一切お支払いは必要ありません。あくまでも、その会議室の売り上げから歩合でいただく形をとっております。

実際にどのくらいの歩合をいただくのかは、大きく分けて2種類あります。
1.ポータルサイトに掲載させていただき、送客だけするパターン。
送客だけですと売上総額に対しておよそ15%~30%いただくことになります。
では15%と30%の差はなにかということですが、端的に申しますと売れる会場かどうかです。例えば駅近で綺麗でしかも安い会場A。これは当然のことながら売れるわけです。一方であまり売れない会場B。こちらについてはネットの検索で上位になるような工夫をお手伝いさせていただいたり、私たちのコールセンターでもそのエリアでお探しのお客様に会場Bをセールスさせていただくこともあります。そういった手数料の違いが歩合の差と考えていただければよろしいかと思います。

2.業務委託(運営代行プラン?)。←統一したほうがわかりやすい?
設営や清掃、予約、請求の管理もすべてこちらに委託するパターンです。その場合は売上総額に対して35%~50%いただいております。こちらも数字に幅がありますが、それは清掃や設営の作業内容によるのです。
例えば、トイレの清掃があるか、トイレの数が多いかどうか。またお部屋だけではなく廊下や階段など共用部の清掃もご希望かどうか。
設営では、会場のレイアウト、机の並べ方をお客様の要望に合わせて毎回変えるなど、手間が多くかかる物件はやはり歩率が高くなるのです。

歩率についてはお問い合わせいただければ、オーナー様の物件、ご要望に対して具体的にどの程度でお受けできるかお伝えすることができますのでぜひお問い合わせください。

『実際の収支例をご覧ください』

これからご紹介する収支例?は初期投資の部分は除いた毎月の収支です。

・都内にある築年数20~30年の小型ビル
・30人収容の会場(13~15坪程度)
・駅から徒歩5分以内
・一般的な賃貸料が13~15万円程度

この物件ですと、貸会議室としては大体1時間単価5,000円の設定ができます。
これを1日6時間、月に10日間の稼働で考えてみます。つまり3日に1度、6時間利用するお客様がいるという想定です。

5,000円×6時間×10日間=30万円

<送客のみ(歩率20%想定)>
弊社手数料 60,000円
オーナー様 240,000円

<運営代行(歩率40%想定)>
弊社手数料 120,000円
オーナー様 180,000円

一般的な賃貸の場合の売り上げが14万円とすると、オーナー様にとっては4万円~10万円のプラスとなります。また、備品レンタル料としてプラス月3万円程度の売上げも見込めると考えられます。

また一般的な賃貸の場合は契約期間は3年程度必要な場合が多いと思いますが、会議室コンシェルジュでは最低契約期間を3か月とさせていただいております。ですから、長期間の契約が難しいとお考えの方にも、何年後かに建て替えや大規模修繕を控えている場合にも無理せず始めていただけるのも魅力です。

コロナ禍において、先の見通しが立たないとお考えの方も多いと思いますが、いまあるスペースを活用し、手間やコストをかけずに利益を出すビジネスとして貸会議室にはまだまだチャンスがあるのではないかと私は考えております。ご興味をお持ちの方はぜひ一度ご相談ください。

貸会議室投資についての無料相談承ります

無料相談フォームへ

投資家・ビルオーナー様からのお問い合わせをお待ちしております。

-成功ノウハウ

© 2020 ナチュラック