貸会議室投資とは

リスクなし!?コロナだからこそ貸会議室ビジネスを始める理由とは?

  1. HOME >
  2. 貸会議室投資とは >

リスクなし!?コロナだからこそ貸会議室ビジネスを始める理由とは?

緊急事態宣言から貸会議室ビジネスはどうなっているか

私たちの会社は都内を中心に約30会場の貸会議室を運営しております。まずは、このコロナ禍において貸会議室ビジネスはどういう状況なのかということをお話したいと思います。

皆さんご存じの通り、4月7日緊急事態宣言が発令され、その後5月25日に解除となりましたが、やはりその間、貸会議室業界は非常に厳しい時期でした。
私たちの貸会議室の売り上げも昨年対比で8~9割ダウンしました。
それはもうかなりのインパクトだったわけですが、今日9月25日現在、売り上げは昨年対比約7割ぐらいには戻ってきたかなという状態になっています。

テナントを借りて貸会議室を運営されていた方の中には、緊急事態宣言下の4月、5月、今後の先行きが見えないということでテナントを解約された方も多かったですね。
不動産業界の解約前予告はおおむね6か月ですので、10月、11月には貸会議室として運営されていた物件がかなり空いてくることが予想されます。

また、オフィスや店舗用のテナント、そのほか都内を中心とした様々な物件も同様の理由で空きが出てくるでしょう。

なぜいま貸会議室ビジネスがおススメなのか?

これから一度に多くの物件に空きが出るということは、それらを安く借りられる可能性が非常に高くなると私たちは考えています。
つまり、ご自身でテナントを借りてやってみようかなと思っていらっしゃる方にとっては、良い物件を安く借りられるチャンスだということです。

そして、物件のオーナー様、ビルの管理会社様、投資家様にとっては、空きが出てしまったテナント、スペースを貸会議室にすることによって、すぐに利益を得られるメリットがあります。
またビルの中に貸会議室があるということが、次のテナントを呼ぶきっかけになる可能性もあるのです。

 

貸会議室ビジネスを始める際の初期投資は?

とは言え、スペースの確保だけでは貸会議室ビジネスは始まりません。

ここで、貸会議室ビジネスを始めるにあたって必要な初期投資について考えてみましょう。

一例として30人用の貸会議室を作るために必要な備品をあげてみます。

貸会議室を作る際の初期投資

机(3人掛け)10,000円×10台=100,000円
椅子 5,000円×30脚=150,000円
演台 20,000円
スクリーン 30,000円
プロジェクター 50,000円
ホワイトボード 30,000円

計 およそ44~45万円(税込)程度

そのほかにも、司会台や空気清浄機などが必要になる場合もあるかもしれませんが、いずれにしても最初に40万円以上の備品が必要ということになります。
これを見ると、この初期費用をいつ回収できるのか、果たしてこんな状況の中で本当に貸会議室の需要はあるのかと、皆さんは貸会議室ビジネスのスタートを躊躇なさるかもしれません。

会議室コンシェルジュでは備品の無料貸出しをしています!

でもご心配はいりません。なぜなら、私たちはこういった備品を相当数ご用意できるからです。
実はこのコロナ禍において、私たちの会場も含め多くの会議室が閉店を余儀なくされました。
そこで私たちはそういったオフィス家具の買取販売を進めております。
また、今回仕入れた備品の数々を、貸会議室を始める皆様に無料でお貸出しすることも行っております。ですから、スペースさえご用意いただければ、備品に関する初期費用はほぼかけずに始めていただけるのです。

 

会議室のプロが、売れる会議室の作り方を無料でご案内

自分の持っている物件で本当に貸会議室ができるのか、実際にどのように始めればよいか、どの程度の売り上げが見込めるのか、どんなことでもまずご相談ください。
私たちはコンサルティング費用やアドバイザー料金を一切いただいておりません。

私たちが運営する貸会議室ポータルサイト「ナチュラック」への掲載も無料で、登録料も必要ありません。掲載させていただいたうえで、売り上げが出たときに歩合で料金をいただくシステムになっておりますので、安心してご利用ください。

料金については、ポータルサイトから送客だけをする場合、運営をすべて委託する場合、また設営や清掃、ご予約、内覧の対応など部分的に業務をお受けする場合などで違いますので、それぞれのケースに応じてご案内させていただきます。

会議室をご利用いただくお客様のために、オーナー様との物件の契約は最低3か月間は必要となりますが、それだけいただければ進めることができますので、長期契約のご心配もいりません。

いまあるスペースで、リスクなく、利益を生む

貸会議室業界はコロナの影響も受けましたし、世の中の状況に左右されやすいビジネスという部分はあるかと思います。
しかし、いま空いている物件をいかに利用できるかを考えたときに、貸会議室は一つの投資モデルとして非常に面白いビジネスではないかと思います。
私たちは貸会議室のプロフェッショナル・会議室コンシェルジュとして、できる限り少ない投資で始められるビジネスモデルをご提案させていただきます。
ぜひ一度、ご相談ください。

 

貸会議室投資についての無料相談承ります

無料相談フォームへ

投資家・ビルオーナー様からのお問い合わせをお待ちしております。

-貸会議室投資とは

© 2020 ナチュラック